意外と手間とお金がかかる髭のお手入れ

 

 
ひげが濃いと見た目だけでなく普段のひげ剃りにかかる時間がかかるというデメリットがあります。
 
髭が薄いと毎日剃らなくてもいい人もいますし、髭が濃いと朝剃った髭がその日の夕方には生えてきます。
 
夕方以降もひげを剃るということはめったにはないでしょうが、特に清潔感を求められるような場が夕方以降あるともう一度剃るというのはあり得ることです。
 
そうなると一日にもう一度ひげ剃りに時間を使うことになります。
 
ひげが生え始めて濃くなって、毎日剃るという習慣になり、それが一生続くとなると時間にしても毎日のことなのでかなりの時間を費やすことになってしまいます。
 
そこでひげが濃い人はシェーバーをいいものにして剃る効率を上げたり、またひげ剃りそのものがうまくなってコツをつかんで手早くひげを剃るように工夫もしていると思います。
 
それでも、ひげが濃いと剃り残しや剃る本数や範囲が広いので限界があります。特に剃り残しはみっともないので、注意深くチェックするとどうしても時間がかかってしまいます。
 
だからと言って女性のように永久脱毛するには抵抗ある男性も多いと思います。
 
ひげ剃りを短時間にすませるにはT字の刃から電気シェーバーの振動刃、回転刃、それぞれ2枚刃など各メーカーも工夫されているので自分に合ったベストのものを見るける工夫が必要です。
 
もっとお手軽な髭対策としては、毎日塗るだけで髭が薄くなるローションがあります。
 
値段もそんなに高くないので試してみる価値はあるのではないでしょうか。
 

 
 

身の回りのものを見直す

身の回りの物でお金になる物を見直してください。洋服でも化粧品でも今では便利なフリマアプリがあります。3年着てない洋服ないですか?いつか着るかも?は着ません。綻びてしまっても安値でなら食いつくお客様がいます。化粧品も少し使用してても高価な物でしたら安値で売れば食いつくお客様がいます。サンプル溜めてるのならばそれも売れる事もあります。面倒くさい。手間がかかる。分かります。でも塵も積もれば山となるです。

使ってない携帯とかないですか?高価買取のGEOならそこそこの高値で売れる場合もあります。ブランド物とかでも、でもと躊躇せず、また頑張って買えばいいやと割り切って思い出の品でもお金を借りる前に売ってみましょう。


食費も見直してみて下さい。少し遠くてもディスカウントスーパーならイオンに比べるとかなり安くで売っています。1日1000円しか食費は使わないと決めてやりくりしてみて下さい。

お金が無いからとカードローンなどを一度借りてしまうと後悔する事のデメリットの方が大きいです。できれば経験することが無い方が良いものは世の中にはあるものなんです。

全て売りさばいて何も無くなったという喪失感はありますが、お金を借りる前に売れるものを売って良かったと思える日が来ます。落ち着けばいくらでも買えます。まずは身の回りの整理をしてみて下さい。

それでもお金を借りなければならない方はコチラが参考になります。

大人になるとお金がかかる

大人になると何をするにしてもお金がかかりますよね。子供の頃のように何もお金を掛けずに満足していたころが懐かしく思える時もあります。

何かしようとしても移動するのにもお金がかかるし、どこかに入るにもお金がかかる。出来るだけ安く済ませようと自分で道具を揃えて何かをしようとしてもそれはそれでお金がかかります。

親がお金を出してくれるわけでもなく自分でお金を用意しなければならないのですからお金がいるのはしょうがないですが出来るだけ抑えたいと思うのはみんなそうなのではないでしょうか?お金持ちの方なら別にそうは思わないと言いそうですが。

自分の場合、とにかく日々お金のかかる食費を抑えるように努力しています。どうしても外食が続くとあっという間にお金は減っていきますし、健康面でも良くないといいますからね。

自炊をするというのは外食よりも安く食費を抑えることが出来ます。好きな物も好きな味付けで作ることが可能です。ただ、時間がかかります。美味しいものを作ろうと思えば思うほど時間がいるものなんですよね。

仕事から帰ってきて、買い物に行って、それから作ってとなると帰ってからゆっくりできるまでかなりの労力を要します。ですからどうしても時短料理などに頼ってしまうわけですが、それはそれであまりおいしくなかったりします。

お金を掛けずに時間もかけないというのはなかなか難しいのでどちらをとるかは悩むところですよね。

自炊の参考になりますよ:http://www.univcoop.or.jp/parents/cooking/index.html