意外と手間とお金がかかる髭のお手入れ

 

 
ひげが濃いと見た目だけでなく普段のひげ剃りにかかる時間がかかるというデメリットがあります。
 
髭が薄いと毎日剃らなくてもいい人もいますし、髭が濃いと朝剃った髭がその日の夕方には生えてきます。
 
夕方以降もひげを剃るということはめったにはないでしょうが、特に清潔感を求められるような場が夕方以降あるともう一度剃るというのはあり得ることです。
 
そうなると一日にもう一度ひげ剃りに時間を使うことになります。
 
ひげが生え始めて濃くなって、毎日剃るという習慣になり、それが一生続くとなると時間にしても毎日のことなのでかなりの時間を費やすことになってしまいます。
 
そこでひげが濃い人はシェーバーをいいものにして剃る効率を上げたり、またひげ剃りそのものがうまくなってコツをつかんで手早くひげを剃るように工夫もしていると思います。
 
それでも、ひげが濃いと剃り残しや剃る本数や範囲が広いので限界があります。特に剃り残しはみっともないので、注意深くチェックするとどうしても時間がかかってしまいます。
 
だからと言って女性のように永久脱毛するには抵抗ある男性も多いと思います。
 
ひげ剃りを短時間にすませるにはT字の刃から電気シェーバーの振動刃、回転刃、それぞれ2枚刃など各メーカーも工夫されているので自分に合ったベストのものを見るける工夫が必要です。
 
もっとお手軽な髭対策としては、毎日塗るだけで髭が薄くなるローションがあります。
 
値段もそんなに高くないので試してみる価値はあるのではないでしょうか。